大きさ別!おすすめのクリスマスツリー

Home > クリスマスツリーのコラム > 本物のモミの木を使用するクリスマスツリーには十分なお手入れも必要

本物のモミの木を使用するクリスマスツリーには十分なお手入れも必要

 本物のモミの木を使いクリスマスツリーを飾るのは、まるで本場ヨーロッパのクリスマスのようで、日本人には憧れのシチュエーションです。プラスチック製に慣れている日本人にクリスマスツリーとは違い、本物の木を使用することで、毎年違うクリスマスツリーを楽しむことができます。生きているモミの木を使うので、木のも強い香りが漂いますし、毎回新しい木を用意しては処分するので、クリスマス後に収納をする必要が無いです。日本の住まいはさほど広くはない住居も多いので、収納スペースには戸惑うことがありますが、収納スペースはいりません。しかし本当に日本でヨーロッパ並みの、大きなサイズの本物のモミの木でクリスマスを飾るとなると、毎日欠かさずに木の管理が必要なので手間はかかります。水をあげなければ生きているモミの木ですから、枯れてしまう可能性もあるので要注意です。

 クリスマスツリーを本当のモミの木で飾るとなると、環境問題は大丈夫かも気になります。日本のクリスマスツリーとは違い、世界のツリーは本当の木を使うのがスタンダードです。自由の国アメリカでは、クリスマスシーズンになると、ツリー用の木が毎年数千本は使われます。桁違いの大量のモミの木を毎年使って伐採を繰り返していたら、地球にとって大事な森から木が無くなってしまうそうです。しかし日本人が考えるほど世界は狭くはなく、海外の土地は巨大であり、農場により大量のモミの木が生産をされています。森の中に生えている自然の木を大量に伐採するわけではないため、クリスマスツリーに使用をしても森や林を失うことにはなりません。もっと関心をもつべきなのはクリスマスが終わった後のツリーの処分ですが、ここにも工夫が凝らされています。使ったモミの木は回収をされて、鉢植え購入で農場へ返すユーズがあったり、リサイクルでチップにするなどされるので、こちらも問題はありません。

 楽しく飾ったクリスマスツリーは、イベント終了後には収納をして、また次の年を迎えることになります。長く使用をするクリスマスツリーやオーナメントですが、収納に関しては悩みやすい部分です。30cmから40cmほどの卓上サイズの小さいツリーであれば、専用ボックスに入れて保管をしますが、購入時の箱にダメージがあるとき二が、ケースはプラスチック製にします。小さくても毎年使用するので、蓋のできるケースを選び中へ入れることです。サイズが小さなツリーは、オーナメントも地位いので、別の袋に入れてから、一緒にツリーの箱に入れておくようにします。大きいツリーを収納する場合は購入時の箱に入れますが、箱が弱くなってきたら蓋つきのプラスチック製の箱に入れ替えることです。 ツリーのベースの部分は組み立て式なので、布袋に入れて収納することもできます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP