大きさ別!おすすめのクリスマスツリー

Home > クリスマスツリーのコラム > クリスマスツリーを出す日と片付ける日について

クリスマスツリーを出す日と片付ける日について

 日本には季節ごとに様々なイベントがあり、風習なども含めて1年を通して楽しむことができます。そんなイベントの中には海外からの影響で始まった物も多く、その代表的なのが12月にあるクリスマスになります。クリスマスは子供にとっては普段とは違ったご馳走を食べる事ができ、ケーキやプレゼントがもらえる特別な日です。大人でもあってもケーキを食べたりちょっとおしゃれなレストランで食事をしたりと、普段とは違った特別感を味わう事が出来ますよね。そんなクリスマスを華やかにするアイテムとして、必需品となるのがクリスマスツリーになります。クリスマス時期が近付くと、様々な街中でツリーを見かけることが増えてきます。では実際に家庭で利用する場合ですが、いつにツリーをだしていつ片付けたらよいのか知らない人も多いです。しっかりクリスマスの意味を理解してツリーを準備すると、より本格的な気分を味わう事ができますよ。

 では実際にツリーを飾る日ですが、日本の場合はあまり本場の影響がないので好きな時に出す場合が多いですよね。最低でもクリスマス当日には間に合うように出すことが多いです。ですがよりクリスマスを楽しむためにも、本場のクリスマスをならって出すのであれば日にちもしっかり意識するとよいですよ。では実際にツリーを出す場合ですが、本場のキリスト教ではクリスマスに向けて準備するための期間が決められています。この準備期間が始まるのが、待降節と呼ばれており11月30日から一番ちかい日曜日からスタートします。クリスマス当日までに十分な準備期間があるだけでなくツリーを出す日が日曜日にすることで、学校や会社の休みになるので家族で楽しみながら飾り付けができます。ただし本場のクリスマスであっても、必ずこの日に出さなくてはだめというわけではないので安心ですね。

 クリスマスツリーの飾り付けを始めてから、約3週間ほど準備期間になります。その間はクリスマスの雰囲気を楽しむだけでなく、当日もより盛り上がってパーティーなどをするとより楽しむことができますよね。ではクリスマスが終わった後のツリーの片づけですが、いつ頃までに片付けらよいか迷う事もあります。本場のキリスト教では、ツリーを片づける日も決められており顕現日と呼ばれています。顕現日はクリスマスの最終日であり、本場ではツリーをこの日に片づけるのが一般的です。ですが顕現日自体は日付でいうと年が明けた1月6日になります。日本の場合はすでにお正月の三が日が過ぎており、流石にお正月を過ぎた時期までツリーを出しておくのは難しいですよね。お正月を迎える準備もありますので、そのため日本の場合はクリスマスが終了した12月の26日から27日に片づけてしまうのが良いですよ。 日本では四季を含めて毎月のように様々な風習や習慣があり、それに伴いイベントなども多く行われます。1年を通して多くの人が楽しみにしているのが、12月にあるクリスマスになります。クリスマスはツリーを飾ってケーキやチキンを食べ、プレゼントを貰ったりと楽しい事がとても多いですよね。日本人にとってクリスマスは漠然とキリスト教のイベントと理解していますが、実際に詳しい理由を知っている人は少ないです。クリスマスに行う特別な内容としては、ツリーを飾ったり靴下を飾ったり七面鳥を食べるなどがあります。またプレゼントを贈るというのも、誕生日以外ではクリスマスにしかないイベントの1つです。ではなぜクリスマスにはプレゼンを贈るのかですが、子供と大人で理由にも違いがあるので知っておくとよりクリスマスを楽しむことができますよ。

 ではなぜクリスマスにプレゼントを贈るかですが、前提としてクリスマスはキリストの誕生日という点がありますよね。誕生日はだれでもプレゼントを貰う事ができますが、同じようにクリスマスはキリストへプレゼントを贈る日とされていました。キリストは誕生した時にお祝いの意味を込めて、プレゼントを贈るという事が初めてされました。産まれたばかりのキリストへプレゼントするという行動が、習慣し毎年キリストの誕生日にプレゼントを贈ります。産まれたばかりの赤ちゃんにプレゼントを贈ったことが習慣が残り、クリスマスには子供たちへプレゼントを贈るという形に変化して今に至ります。誕生日をお祝いするための品だったと考えると納得出来ますよね。本場ではクリスマスのプレゼントとしておもちゃやぬいぐるみなどと一緒に、産まれてきてくれたことへの感謝をこめてメッセージカードを贈ることも多いおですよ。

 クリスマスにプレゼントを贈る理由は分かりましたが、1つの疑問として大人もプレゼントを貰っていいのと感じますよね。赤ちゃんだったキリストへのお祝いでプレゼントをあげたのが由来であれば、子供へのプレゼントも理解できます。では大人にもプレゼントをあげる習慣がついた理由として、王様に贈り物をした事が起源とされています。昔のイスラエルでは、王様が誕生するとプレゼントをあげるということが習慣でした。キリストが生まれた時にプレゼントをあげたのは、王様と同じように尊敬している人や大切にしている人という意味が込められていました。そのため子供だけでなく大人であっても、自分が尊敬する人や大切な人にはプレゼントをあげてもよいという習慣に繋がりました。そのため今ではクリスマスは子供だけでなく、大人でもクリスマスを交換してお互いの大切な人へ贈り物をする日となっています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP