大きさ別!おすすめのクリスマスツリー

Home > クリスマスツリーのコラム > クリスマスにプレゼンを贈る理由について

クリスマスにプレゼンを贈る理由について

 日本では四季を含めて毎月のように様々な風習や習慣があり、それに伴いイベントなども多く行われます。1年を通して多くの人が楽しみにしているのが、12月にあるクリスマスになります。クリスマスはツリーを飾ってケーキやチキンを食べ、プレゼントを貰ったりと楽しい事がとても多いですよね。日本人にとってクリスマスは漠然とキリスト教のイベントと理解していますが、実際に詳しい理由を知っている人は少ないです。クリスマスに行う特別な内容としては、ツリーを飾ったり靴下を飾ったり七面鳥を食べるなどがあります。またプレゼントを贈るというのも、誕生日以外ではクリスマスにしかないイベントの1つです。ではなぜクリスマスにはプレゼンを贈るのかですが、子供と大人で理由にも違いがあるので知っておくとよりクリスマスを楽しむことができますよ。

 ではなぜクリスマスにプレゼントを贈るかですが、前提としてクリスマスはキリストの誕生日という点がありますよね。誕生日はだれでもプレゼントを貰う事ができますが、同じようにクリスマスはキリストへプレゼントを贈る日とされていました。キリストは誕生した時にお祝いの意味を込めて、プレゼントを贈るという事が初めてされました。産まれたばかりのキリストへプレゼントするという行動が、習慣し毎年キリストの誕生日にプレゼントを贈ります。産まれたばかりの赤ちゃんにプレゼントを贈ったことが習慣が残り、クリスマスには子供たちへプレゼントを贈るという形に変化して今に至ります。誕生日をお祝いするための品だったと考えると納得出来ますよね。本場ではクリスマスのプレゼントとしておもちゃやぬいぐるみなどと一緒に、産まれてきてくれたことへの感謝をこめてメッセージカードを贈ることも多いおですよ。

 クリスマスにプレゼントを贈る理由は分かりましたが、1つの疑問として大人もプレゼントを貰っていいのと感じますよね。赤ちゃんだったキリストへのお祝いでプレゼントをあげたのが由来であれば、子供へのプレゼントも理解できます。では大人にもプレゼントをあげる習慣がついた理由として、王様に贈り物をした事が起源とされています。昔のイスラエルでは、王様が誕生するとプレゼントをあげるということが習慣でした。キリストが生まれた時にプレゼントをあげたのは、王様と同じように尊敬している人や大切にしている人という意味が込められていました。そのため子供だけでなく大人であっても、自分が尊敬する人や大切な人にはプレゼントをあげてもよいという習慣に繋がりました。そのため今ではクリスマスは子供だけでなく、大人でもクリスマスを交換してお互いの大切な人へ贈り物をする日となっています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP